英語の勉強方法は、日本人に聞け!

当スクールは、外国人講師によるレッスンを提供しておりますが、教材、内容、方法などは日本人である私が監修しています。

もちろん講師たちの意見や提案は聞きます。

しかし、私の経験や日本人の学習環境を考えて、納得しなければそれは採用しません。

英語の環境が全然違う

私たち日本人と彼女たちは英語を習う環境が全く異なります。

私たちは基本、日本語のみを生後から聞き、日本語を習得してから英語を習い始めます。日本語での学習も同時並行で。

しかしネイティブも準ネイティブ達は、両親も英語を話し、幼稚園から英語ですべての教育を受けます。
また高度な用語や学問用語は、幸か不幸か、基本英語しかありません。

要は英語が、私たちよりも溢れた環境で育っている訳です。

そんな人たちに、私たちの苦労や悩みがわかろうか(いや、わからない)。

反語を使って言いたくもなります。

洋画鑑賞は勉強じゃない

例えば、私の知り合いのネイティブは、英語を勉強するなら映画(洋画)や海外ドラマ見て、と言うことがあります。

私は、そんなのは勉強じゃない、と言っています。

もちろん見ないより見たほうが良いでしょうし、日本のを見るよりはマシでしょう。

しかし、英語の勉強のつもりで洋画を見られては困ります

同じ時間を費やすのであれば、遥かに効率良く、充実した方法が他にたくさんあるからです。

しかし外国人の助けは勉強に必要

当スクールでは、私や日本人が苦労し、克服してきた英語の勉強方法を基にしています。

言わば日本人の汗と涙の結晶をお伝えしています。

しかしその方法に、外国人の助けを借りると、学習はもっと効果的になります。

リスニングやスピーキングの練習は、外国人の手助けがあると、格段に早く、上手になります。

English teacher and assistant 外国人講師 

背中で語りたい

私は帰国子女でもなく、大学時代も典型的な勉強しない文系学生で、社会人になってから英語を本格的に学び始めて、出来る様になりました。

私を見て、「自分も英語を話せるようになれるんだ」と言う自信を持ってもらい、モチベーションを維持して勉強してもらえればと思います。