英会話の練習はフルセンテンスで

返事だけの英語

わが英会話教室生徒の普段のレッスンの様子を見ていると、講師からの質問に

「Yes」か 「 No」だけ

もしくは

単語だけで答えて終わり

というシーンが目につきます。

もちろんこれらは間違いではありません。

豊かな英語・日本語表現

言語というものは、意思疎通のためのものですので、通じるというのが目的です。

しかし、日本語でもそうですが、意思疎通さえできればよい、というものではありません。

「うん」「あぁ」

だけで答えるような人は友達ではありませんし、夫婦なら冷め切った夫婦です。

またせっかく英語を習いに来ているのですから、外国人から

「こいつデキる、、、」

と思われるような、豊かな表現力を身に着けてほしいです。

普段の英語の質問にフルセンテンスで

私たちは、この「豊かな」返事の表現を学んでもらうため、質問に対しては

フルセンテンスで答える!

と指導しています。

Do you ~? できかれたら、「Yes」だけでなく、

「Yes, I do」

Which do you like better, swimming or skiing?

と聞かれたら、「skiing」だけでなく、

I like skiing better.

と答えるなど。ちなみにこの質問は英検3級の実際の問題です。こちらを参照

答えを考える練習をする

上記の質問は簡単ですが、例えば

Why~?

と聞かれた時などは、しっかりと論理的に答える必要が出てきます。

そういった質問をされたときに、少しでも応えられるように訓練をしていくことが大切です。

大人の英会話のやり方についてはこちら

英語の理解度確認にも

これは、英語力の確認にも有効で、特に英語の知識が微妙な子たちによく効き、質問へは単語で答えられても、細かいことがわかっていない時に、フルセンテンスで答絵させると、ヘンテコリンなものが返ってきます。

そういった事を見抜くためにも、フルセンテンスで答えると言うことは重要です。