「当スクールは高校生の英語に向くの?」←お客様からの質問

お客様からいただいた質問にお答え

今回は、お客様からいただいた質問にお答えするシリーズです。

いただいた質問は、、

音読レッスンは、高校生にも向きますか?

高校生の娘さんを持つお母さんからご質問いただきました。

答え: もちろんです!

なぜそう言えるのか?

なぜそう言えるのか、3つあります。

1 習うべき英語はほとんど習った

高校生になると、新たに教わる事はほとんどありません。
細かなことを除けば、ここで新たに習う事は、仮定法、関係副詞くらいなものです。

という事は、今まで習った英文法などを、覚えたり、使えるようにする「練習」の時です。

英検や、入試に向けて、今まで習ったことを、発揮できるように。

もちろんボキャブラリーを増やす必要があります。
ですがつのボキャブラリーを増やすのも、音読が最適ですので、ばっちりといえます。

参照:英語音読だけで英語を話せるようになるの?

2 知識を掘り起こす必要

1で言及したように、英語で必要なルールは既にほとんど習いました。
そして、それらを大学入試や英検に向かって使えるようにしていかなくてはなりません。

1と酷似していますが、1は今ある知識を使えるようにすること、2は昔の記憶を呼び起こすと言うちょっとした違いがあります (別に一緒でも良いと言えば良いです)。

3 スピーキングがそろそろ出番

いよいよ英語を使う時期が近づいてきています。この時期にスピーキングの練習しないと、今まで蓄えてきた知識が無駄になってしまいます。

何度も繰り返しになりますが、言葉と言うのは聞いて話すのが基本

今まで蓄えてきたものを、口から発する練習をするのは今です。

英会話に陥らない!

これら3つの理由から、高校生にとって英語音読が向いているといえます。

また、ここで英会話に陥らないことも重要です。

英会話は、学びざかりの時に目的として、また習い事としてやるべきものではありません。

英会話を目的とした学習は、今のこの貴重な学習に専念できる時間を最大化出来ておらず、また英会話教室に行ってもそこまで英語を話す機会がありません。

参照:「英会話」では英語ができるようにならない