母国語を教えるのは難。では英語教育の実態は?

富山トップ高校の出身者でも日本語を教えるのは難しい

先日、日本語を教えるボランティアをしている方とお話をする機会がありました。

その方は、富山駅近くにある富山県トップの高校を卒業した人。

この人に教わったら、さぞかし高いレベルの日本語を習得できるだろう、と思いました。

しかし話を聞いてみると、

「日本語を教えるのは非常に難しい。説明できないことがたくさんある。
N5レベル(日本語能力試験の最も易しいレベル。英検で言えば5級)の説明さえできないこともある。」

との事で、ボランティアのために日本語講師養成講座を受講しているとの事でした。

(日本語能力試験のN5のレベルについてはこちらから

母国語の知識は膨大

気づかないうちに、私たちはたくさんの日本語の文を見聞きし、意識せずに、文法を使いこなしています。

私たちが、英語や他の外国語を学ぶときに、

「なぜこうなるの?」

といったことが数多くありますが、日本語を学ぶ外国人にとっても、同じことが起きています。

ネイティブに英語を習う事はベスト?

さて、この富山トップの頭脳を持つ人でさえ、難しいと感じる母国語教育。

これは、英語にも通じることでしょう。

ネイティブに、私たちの英語に対する疑問は分りません。

私たちが、外国人の日本語に関する疑問や苦しみがわからないように、ネイティブには、私たちの英語に対する疑問や苦しみが分りません。

英語の学習は、しっかりとネイティブ以外の人間が監修したレッスンを受けるのが、早い理解、習得につながるでしょう。

(外国人に教わるべきか、の過去の投稿はこちら「英語の勉強方法は、日本人に聞け!」)