【悲報】ネイティブのように英会話できるようになりません。

英語のネイティブ信仰

私が学生の頃から、英語はアメリカかイギリスの英会話学校で習う、と言うのが王道でした。海外で学ぶなら。

当時は、オーストラリアやニュージーランドの英語学校さえも、訛りがあるから、と敬遠されてました。

多少は変わりましたが、現在でもネイティブ信仰は根強く残っています。

残念なお知らせ(英語に関して)

ですが、残念なお知らせです。

前からわかっておりましたが、いくらネイティブに教わっても

ネイティブ英語にはなれません

頭の良し悪しとネイティブ英語は関係なし

私の知り合いの例ですが、彼は、「ビリギャル」と同じ大学を卒業し、旧財閥系の大手総合商社に入り、海外出張を何度もし、中でもアメリカのテキサス州には数ヶ月滞在していました。

そして、その後会社からアメリカの大学院に派遣され、2年間ノースウェスタン大学のケッログスクールというところに留学もしました。

しかしその彼も、

「ネイティブの英語は難しい。ネイティブ同士の会話なんか全然聞き取れない。」

と言っておりました。

しかし、立派に仕事をこなしています。

国際機関トップの英語 WHO

最近1日に1度は目にするWHO(世界保健機関)のテドロス事務局長

彼はエチオピア出身です。彼の英語を聞いてみてください。

ネイティブとは程遠いです。比べるにはちょっと大物すぎる感はありますが、、、

しかし、国際機関のトップとして、また、このコロナ禍の保健機関のトップとして、事態に対処しています。

過度にきれいな英語を目指すよりも、英語でしっかりと仕事ができることの方が重要です。

ネイティブを目指す暇があるなら本を読みましょう。