再度:英語音読について確認

英語における音読の効能確認

私たちは、「音読音読や!」「英語は音読だ!」と日々うるさいですが、ここで再度、なぜ英語の習得に音読が有効なのかを確認したいと思います。

英語の音読が英語獲得に有効な理由

1 英語力とは

私たちは英語力はこのようにできてると考えています。

「語い力」と言う土台があって、柱に4つの技能「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」、これらが揃って、英語力になると考えています。

語い力を獲得し、この4つの技能を練習して向上させることで英語力が身につく。

英語学習に大事な要素 「継続」

そしてもう一つ大事なことが、続けること、「継続」です。

練習をし続ける必要があるということです。

繰り返しになりますが、英語話せるようになるには、2000時間以上の学習時間が必要だと言われています(どれだけ英語を勉強したら英会話できるのか?

ちょっとやそっと練習するのではなく、ずーと練習し続けなければいけないのです。

音読は英語向上にどう貢献するのか?

英語の3技能を鍛錬

英語の音読は、読む、話す、聞く、の3つを練習することができます(下記図参照)

当スクールでは、音声付きの教材を利用することから、教材の英文を見ながら、音声を聞き、読み、そして音読(話す)するとこで、これら3つの技能を鍛えます。

語い力は?

語いは反復

単語や、熟語を覚えるためには、反復しなければなりません。音読は、書くより簡易で、また疲れも少ないので、反復しやすいので、効率的に語い力を獲得できます。

英語のトレードオフの解決策を提供

また語いは「量」で測られます。どれだけ知っているか。なので、沢山の英語に触れなければなりません。

そして、記憶するために反復が必要です。

しかし、時間は有限なため、「反復」していると「量」はこなせず、「量」をこなすと、「反復」は出来ず、この2つはトレードオフの関係にあります。

だか両方を叶える必要がある。

であれば、効率的にこなすしかないのです。

音読は、書くより早く行え、黙読より能動的です。ですので、音読はこのトレードオフを解消できないものの、使用できる時間を長くできると言う、解決策となります

語いと3技能に有効

音読により、英語力の必要な要素5つのうち、4つを克服できます。

「継続」には?英語獲得を左右

継続に関しては、続けやすいこと

極端に言うなら、机やスマホ、プレーヤーやノートは必要なく、本一冊でできる

そして疲れにくい。

であれば、他の方法と比較して、続けられやすいと言えます。

最後に、この図表で取り残された「書く」についてはまた次の機会に