英会話ではない理由: 時間軸

8月2日のエントリー「英会話スクールと呼ばないで」にも書きましたが、当スクールIronWillでは英会話のレッスンは実施していません。

その理由、今回は「時間軸」です。

いつ必要なの?今じゃないでしょう。

今英語を勉強している生徒たちにとって、英語能力はいつ必要なんでしょうか?

ほとんどの人は、早くて高校、大体は大学もしくは社会人の時。

子供の時に必要ではないと思います。

英語が必要になるのは十代後半以降

スポンジのように何でも吸収し、大人のように凝り固まっていない、柔軟な脳みそを持っているときに、英会話の練習をするのはもったいないです。

何をしたらいいの?やっぱり音読?

やるべき事は、英語の大量インプットとアウトプット(練習)です。

文字と音声でインプットし、それを実際に口に出して音読(アウトプット)をする。

何度も聞いて何度も話す練習が大切

このようにして、大量の言葉を目、耳、口から脳みそに注ぎ込むべきです。

子供が言葉を学ぶ過程も音読である

赤ちゃんや幼児が言葉を習得する過程で、親がする事は何でしょうか?もちろん話しかける事はしますが、会話を教える事はありません。

やるとしたら、絵本の読み聞かせ、紙芝居などではないでしょうか?

これらは言葉の「インプット」です。

このように、子供の頃に英会話をやるメリットというのはほとんどありません。

しっかりと目的を考えて英語学習を組み立てていきましょう。

バイリンガルになろう!

高岡の英語音読スクールIronWill English