子供が英語を学ぶことに疑問を持ったら?

子供に英語を勉強させるのは大変

「子供に勉強させるのは大変!」感じている親がほとんどだと思います。

学校の勉強でさえ、させるのが大変なのに、外国語である英語の勉強させるのはもっと大変だと思います。

そのヒントが、進研ゼミのベネッセのページに掲載されていました。

これは、お馴染みの「赤ペン先生」が教えてくれると言う形式です。

ベネッセのサイトはたびたび参考にさせていただいております。

(過去のベネッセを参考にさせてもらったページはこちら

英語を勉強させるための良い言葉は?

このサイトによると、子供に英語を勉強させるには、2つの方向の言い方があり、

  • 自分にとっての世界が広がる
  • 人の役にたつことができる

と言う視点で言うべきだと言うことです。

英語は世界を広げる

「自分にとっても世界が広がる」に関しては、

  • 「英語が話せるとかっこいい」
  • 「英語が話せると、外国のことが知れて、世界が広がる」

などの言葉をあげています。

英語は人の役に立つ

「人の役に立つ」ことができるに関しては、

「外国人が街で困っていた時、案内したりと、助けてあげることができる」

などと言うそうです。

(参照サイトはこちら

こんな言葉で英語を勉強してくれる?

「こんな言葉でやってくれるなら苦労しないよ」

と思いました、正直。

特に男の子には、通じづらいだろうなぁ、と思います。

わたしはいつも、

「文句言うなら、代案を出せ!」

と言っているのですが、さすがに代案は私もない状況です。

私だって、娘に宿題をさせるので四苦八苦のですから。

子供に賄賂は効果的

予め渡す

では、どうしたらよいのか。

少し、思考と指向を変えてみます。

慶応大学の中室牧子さんが書いた、『「学力」の経済学』という本よると、

賄賂(ご褒美)を渡すと効果的

だということです。

いわゆる昔からある、お金や物で釣る方法ですね。

しかし、子供には、

  • 「テストで良い点取ったら、買ってあげる」
  • 「勉強したら、〇〇お小遣いあげる」

と言う、じ後にあげるご褒美はあまり効果が無いそうです。

子供はそれでは心動かされないと。

先に与えて取り上げる

では、どうしたらよいのか。

事前にご褒美を与えて取り上げる、というのが良いとのことです。

与えておいて、約束を守れなかったら、もしくは、約束を果たせなかったら取り上げる

これは、脳の発達によるものではないかと言うことで、大人になってくると、じ後的な報酬でも動くようです。

もしこの方法を使う場合、取り上げるであげることのできない、ケーキ等の食べ物は使えないですね。

大人も学ぶ必要←子供を

子供に効率よく勉強させるには、大人も勉強が必要だということですね。

ただ単に、

「勉強しなさい!!」

「勉強しないと、将来困るぞ」

ではなく、子供がしたくなる(消極的にしても)方法を常に探したり、効率的な勉強方法を探してあげたり。

子は親を映す鏡です。