大学生が感じる必要な英語力は?

現役大学生の英語意識調査

フジテレビのサイトに、現役大学生に聞いた受験英語に関する調査が載っていました。
その中に、参考となるポイントがありました。

小学生についての調査はこちら (追記2021.04.02)

画像をクリックした元記事にアクセス

大学生は自分の英語力に不満

大学生は、現在の自分の英語力に対し、満足していない(少し不満、とても不満)人たちが74.9%もいると言うことです。
「あー、あの時やっておけばよかった」と思ってるんでしょう。

英語がある程度できる人でさえ感じている

ちなみに、この不満を感じている人たちがどの程度の英語力(英検の級)を持っているかと言うと、英検2級以上の保持者が40%以上です
という事は、かなり高い英語能力を持っていても、もっと英語力が必要だと感じてるんですね。

(逆に、現状に不満じゃない人が25%もいると言うのは驚きです。)

英検2級以上を勧めている

大学受験までに、必要だと思う英語スキルについては、英検2級以上の取得を6割の人が勧めています。

高ければ高いに越したことはないのでしょうが、大学受験は英語だけでなく、他の科目も必要です。英語に時間をかけすぎ、他の科目で後れを取ってしまってもいけないので、英検2級くらいが妥当なところ、というこでしょう。

でも英語に投資する価値はある。

この調査は、英語を教えている会社が実施したもので、若干客観性に欠ける面はあると思いますが、大学生にとって英検2級以上があった方が良いと言う点は、私の実感とも合致しています。

これからの時代、英語が必要な事は間違いがないので、より実践的で、受験英語を超えた英語学習をしていきましょう。

大学受験と英検に関してはこちら