女性は英語をすべき!英語と年収の関係

マネーサイトの調査

ネット上の記事に、英語が平均年収に及ぼす程度についての記事が載っていました。

その名もMoney plusと言うサイトで、お金に関する内容が載っているサイトです。
この記事では、求人情報サイトにおいて、企業側からスカウトがあった人のオファー年収を分析したものです。

英語で最大で年収が1.7倍開く

そこで、英語が堪能な女性と、そこまででもない女性を比較しています。

それによると、その差は、30代の場合約1.2倍、50代になると1.4倍の差が生まれるそうです。

そして、これはコロナ禍で拡大しており、50代女性の場合その差は1.7倍に拡大していると言うことです。

ちなみに、男女混成だと、50代の差は1.29倍で、女性の拡大幅が際立ちます(このサイトの数値より独自に計算)。

ビジネス英会話が変える

この数値は、この求人サイトのスカウトの数値であり、それ以外の要素は考慮されておらず、もろもろ差し引いて考える必要があるかと思います。すべての職、職種に通じるものではないかもしれませんし、平均値なので、個人々々に当てはまるわけでもありません。

少し前の朝日新聞(2005年)に、英語ができる女性は、そうでない女性の1.4倍高いと言う記事も出ておりましたので、この記事の数値は乖離しておらず、英語ができると、年収が高くなると言うのは、ある程度確からしい、と言えると思います。

リンクはこちら→英語力で平均年収はこんなに変わる!その差が最も大きくなる世代・性別とは