英語音読

英語(言葉)を話せれば良い? →在日外国人の例

外国語としての日本語 以前にも当ブログで申しましたが、私は日本語ボランティア養成講座と言う富山市が主催している講座に参加しています。 (本講座について:富山市民国際交流協会) ここで講師の先生が現在進行形で進んでいる、在 […]

ゆりやんレトリィバァも英語 教科書を音読

英語の教科書は秀逸 私は日ごろから、「英語は音読だ」「教科書の音読をすれば英会話を習う必要ない」とわめき散らしています。 「その意見ほんとかよ?」 と思われている方もいらっしゃると思います。 女性の芸人のゆりやんレトリィ […]

パックンと総理通訳の対談から学ぶ:英語 学習法

現代新書から最近刊行された本について、講談社のサイトに、著者である元総理通訳の方とにパックンとの対談が載っていました。
そこには、英語を学習する私たち考え方や希望を与えてくれる内容でしたので紹介したいと思います。

Newsweek誌←英語は「武器センテンス」を

スパルタ式の英語勉強法 アメリカの週刊誌「Newsweek」の日本版のウェブに、英会話スクール「スパルタ英会話」の代表の英語勉強法についての記事が掲載されていました。 この「スパルタ英会話」という名前。スクールの考え方、 […]

久しぶりの音読披露←小学生2年生

最近のブログには、私たちの英語に関する思いや考え方、英会話と私たちのレッスンの違いを言うような投稿を多くしてきました。

ですので本日は、久しぶりに生徒の成果を。

今回は今年度2年生になった小学生の音読です

【何度でも】子どもの英語は長期視点で

当スクールでは、「英語音読」を主なレッスン方法として採用しており、英会話なし、プリントなし、文法もほとんどしません。

また受験対策としては除き、英検も目的としておりません。

会話をしない理由は主に2つあります

今、英会話ができる必要がない
時間がもったいない

英語を「書く」はどのように?

昨日、英語の音読レッスンについて久方ぶりに、私たちの考え方などをブログに書かせていただきました。

その中で英語力を構成する5つの要素の中で、4つの要素は音読でカバーでき、残り1つの要素「書く」については、音読ではカバーできる、と書きませんでした(微妙な書き方)。

再度:英語音読について確認

私たちは、「音読音読や!」「英語は音読だ!」と日々うるさいですが、ここで再度、なぜ英語の習得に音読が有効なのかを確認したいと思います。


氷見市宮田学童の英語音読(久しぶり)

先日久しぶりに学童の児童の音読を聞きました。

ここしばらく、英検対策と、その後の復習などで、今まで使っていた

Frog and Toad are friends (ふたりはともだち)

の音読はご無沙汰でした。

今回音声は全く事前に聞かず、いきなりテキストを読んでもらいました。

周りの生徒が遊んでいて、パチンパチンうるさいですが。

エドリン先生が語る!英検について

英検はすぐそこ 皆さんこんにちは。 英検の二次試験、合格発表が出たばかりですが、年が明けてすぐの1月24日には英検が実施されます。 エドリンが二次試験について語る 二次試験は、ご存知の通り、面接試験。 それについて、当ス […]